沼津動物霊園について

沼津動物霊園は東海の景勝地、沼津牛臥の霊山牛臥山-ぎゅうがさん-の麓に建てられた県内最初の動物霊園です。業者が運営するペット法人とは異なり開園より当園の護寺、立正宗日緬寺が動物供養と火葬を執り行っております。

沼津動物霊園とは

沼津動物霊園は、宗教法人立正宗日緬寺内に安置された県内最初の動物霊園です。業者主体のペット法人や、僧侶を雇って行う霊園とは異なり、開園以来お寺が法務の一環として行う動物供養と火葬を行っております。火葬供養施設など、すべて寺院内に敷設されており、当園の住職以下、寺族のものが責任を もって法務を執り行います。

霊園を護る碧の寺、大本山日緬寺

大本山日緬寺は、仏舎利(ぶっしゃり=仏様のご真骨)を奉安する立正宗(日蓮宗系)のお寺です。後方を霊山牛臥山、すぐ隣に牛臥の海が広がる環境にめぐまれた当山には、仏舎利のほか、妙地観音など、歴史ある仏宝の拝観に、毎日多くの人たちが訪れております。毎年11月に行われ、日本各地から吟醸酒がつどう飲食感謝のお祭り、『酒塚供養祭』では、地元だけでなく全国各地から観光客が訪れ、賑わっています。隣接のかぴらばす保育園では、乳幼児から6歳児まで、地域の恵みや環境の中で豊かな情操を育む教育が行われており、境内でお散歩する園児の元気な姿が心を和ませます。。

沼津動物霊園を知るための4つの項目

↑ Page Top